Zoonosis

We have a long history of living in symbiosis with viruses. For example, most of the genes in mammals are made up of viruses.

Zoonosis is an infectious disease that can also be transmitted and transmitted between humans and animals (vertebrates, to be exact). Coronaviruses are one such example, as well as influenza. When we examine the factors that contribute to the zoonotic diseases that are currently causing problems, we find that they are due to the effects of human-induced environmental changes.

For example, there was an anthrax outbreak in a nomadic community in Western Siberia. h The anthrax was originally trapped in permafrost along with animal carcasses, but climate change caused it to melt and the anthrax came to the surface. Then the reindeer that eat the grass growing on the surface become infected. The nomads who eat the reindeer will also become infected.

There is also the story of the vultures in India. In India, cows were used for labor and not for food. The vultures ate the carcasses of the cows that were eventually thrown away. The carcasses would eventually develop anthrax, but the vultures would eat the carcasses clean faster than that, so no infection would occur. However, around 1960, diclofenac became widespread, which allow cows to be forced to work. The vultures that eat the carcasses of the cows die from the effects of the diclofenac, and the stray dogs start eating the carcasses, but the speed at which the dogs eat the carcasses is not enough to control the anthrax outbreaks, which infect the dogs and cause rabies. The stray dogs then spread rabies to other people. Even now, 20,000 to 30,000 people a year die, and 75% of them are poor. (This is ironic because the poor suffer more as a result of diclofenac, which was developed for the poor.)

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

figure and convolution

When considering why “convolution” occurs, one of the problems is the convolution of the surrounding environment in the process of human growth. For example, learning your mother tongue. In this way, a person forms oneself by being “convolution” in the surrounding voice and gesture pattern.

“convolution” is to invade the formation of oneself in this way, and I found Benjamin’s slogan, which is a “model”. Benjamin thought that this “model” was a “ontogeny” problem in biology and a “phylogeny” problem in human history as well. The human talent for seeing similarities is a remnant of the once-mighty power that forces them to be similar.

Then, when we look at the figure, there is an “old” force that forces it to resemble the figure. According to Benjamin, the power of “children’s play” that imitates windmills and trains is the remnant of the magical sympathy (correspondence) that human beings had in the past with the circumstances of the universe.

To look deeply into the figure is to convolve and get convolved it in front of you through this model ability, and solve it from the inside. Then the “model” reads what was never written in its deepest part. That is the oldest reading, the pre-linguistic reading. “Read” them by “similar” to the internal organs and constellations. It is also, so to speak, “dancing” with the patterns of internal organs and constellations.

「巻込み」がなぜ起こるのかを考える時、その一つに、人間が成長していく過程における、周囲の環境の「巻込み」、「巻き込まれ」という問題がある。例えば、母語の習得もそう。人はそうやって、周囲の音声や身振りのパターンに「巻き込まれ」、またそれを「巻込み」ながら自己を形成していく。

「巻込」は、そうして自己の形成に侵入してくる事であり、またそれを「模範」であるというベンヤミンのくだりが面白いと思った。この「模範」は、生物学の「個体発生」上の問題であると同時に、人類の歴史に関わる「系統発生」上の問題であると、ベンヤミンは考えていたという。類似を見て取る人間の才能は、似たものになるように強いる、かつて強大だった力の痕跡に他ならない。

そうして形象を見る時、形象と似たものになるように強いる「古い」力が働く。風車や汽車を真似る「子供の遊び」に見られらその力は、ベンヤミンによれば、過去の人類が宇宙の諸事情と交わしていた魔術的な交感(コレスポンデンス)の名残りである。

形象を深く見ることは、この模範能力を介して目の前のそれを「巻込み」、「巻き込まれ」つつ、内側からそれを解いていくこと。そうして「模範」は、その最深部において「まったく書かれなかったものを読む」ことになる。それは最古の読み方であり、言語以前の読み方になる。内臓や星座と「似る」ことで、それらを「読む」。それはいわば内臓や星座のパターンと共に「踊る」ことでもある。

考える脳 考えるコンピューターより(google translate)

Recalling the story of the neocortex, let’s look back at this book. I’m writing with quotations.

Imagine your brain resting on a table. The first thing to notice is that the surface looks very homogeneous. It has a pinkish-gray color and is similar in shape to cauliflower with few bumps, but with numerous wrinkles. It is soft to the touch and puyo puyo. This is the neocortex. Nerve cells form a thin membrane that wraps most of the original brain tissue. Almost all activities that are considered to be the work of intelligence, such as cognition, language, imagination, mathematics, art, music, and planning, occur here. It is your neocortex that is reading this text now.

Subsequently, there is talk that all inputs to the neocortex are equivalent. However, sight is light, hearing is sound, and touch is pressure on the skin. Why are the appearance of apples, the barking of goats, the feel of baseball balls, and these different sensations equivalent?

Visual information is carried to the brain by one million fibers of the optic nerve. It quickly passes through the old-evolved thalamus in the brain and reaches the functional area in the neocortex where visual information is first processed, namely the V1 area (primary visual cortex). Sound comes in through the 30,000 fibers of the auditory nerve. It also passes through the thalamus and arrives at the AI ​​field (primary auditory cortex), which is the entrance to visual information. The sensations from the skin and body are carried from the spinal cord through a million fibers. The information is received by the S1 area (primary somatosensory area), which performs the most basic processing of tactile sensation. The functional area where sensory information enters is collectively called the primary sensory area, and is located at the lowest level in the neocortical hierarchy. The above is the main input route of information to the brain. It is also a means for humans to understand the real world.

The author likens these movements to a bundle of wires and optical fibers. Such lines are axons that extend from neurons, and the light sent through the lines is said to be a nerve signal. These signals come from various sensory organs such as the eyes and ears, but when they are converted to action potentials toward the brain, they are all treated equivalently. In other words, it is just a signal pattern. So why does the experience of seeing, hearing, and touching feel different? The reason is that each of them flows through the hierarchy of the neocortex in different ways. So, in fact, there is no kind of action potential itself. Therefore, it can be said to be equivalent. In other words, the author writes that the human brain only knows patterns.

Eric Weienmeier’s story is cited as an example of a story about perceptual equivalence. He lost his eyesight when he was three years old. He was able to see the landscape in 2003 with a device. The device converts the image captured by a small camera into a voltage for each pixel and stimulates it through an electrode stuck in the tongue. With this device, he was able to identify balls rolling on the floor and play rock-paper-scissors.

These neocortical properties, in other words, also suggest perceptual flexibility. For example, Helen Keller, who has lost two major senses, has become a better writer than most others, and the auditory cortex of ferrets is also surgically transformed into the visual cortex. If this is deduced, the world can be perceived by radar, and there can be a feeling of living in four dimensions. This story also leads to hallucinations. It can be said that what you are touching now really exists there and is not always perceived by the antennae.

Awareness and knowledge of the real world is formed by these patterns. So there is no light in my head and no sound. Information that humans perceive is limited to spatial and temporal patterns that come in from axons.

Various things have been written about this point, but the “temporal pattern” of vision comes from the fact that the sight that comes into our eyes is constantly changing. Here, the story of the movement phenomenon of the pupil called saccade left an impression on me. It is a phenomenon in which the pupil moves at high speed three times a second. If the human eye keeps staring at only one point, that viewpoint disappears, so it seems to be said to be a function to prevent it (I tried to find out why the viewpoint disappears but I wasn’t sure). In other words, even while I’m typing characters on my PC, my pupils are constantly moving at high speed, but I don’t feel that way at all. why? That’s because the brain creates identity in the visible landscape itself.

The story of creating the identity of a landscape also leads to the slogan of universal expression in the section that follows. For example, the concept (condition) that a “cat” is a “cat” is also generated in the neocortex. If various kinds of cats appear in front of us, they will be in a state of neuronal excitement in the lower layers of the neocortex. On the other hand, in the upper hierarchy, neuronal excitement is stable. The lower hierarchy processes frequent changes and small features, and the upper hierarchy keeps the whole picture.

This also means, for example, when you’re looking in one direction from a room in my house, you grasp the situation everything that I’m at home, in the living room, looking at the window view. At this time, the upper part of the neocortex has the expression of the home, the lower part has the expression of the room, and the lower part has the view of the window.

From the story of the hierarchical structure of the neocortex, first of all, the memory is not stored in one place, but is distributed and stored in the entire hierarchy. Also, when we imagine a “cat,” it is a nested sequence of the entire hierarchy of the neocortex. That is, there is no image in the brain. If anything, it is reminiscent of a constellation that connects dots.

大脳新皮質の話を思い出して、この本を振り返ってみる。引用も織り交ぜながら書いてます。

脳が台の上に置かれていると想像する。はじめに気が付くのは、表面がきわめて均質に見えるということ。桃色がかった灰色をしていて、形はでこぼこの少ないカリフラワーに似ているけど、おびただしい数のしわがある。触れると柔らかく、ぷよぷよしている。これが新皮質。神経の細胞が薄い膜をつくり、もともとある脳の組織のほとんどを包んでいる。知能の働きとみなされる活動、例えば、認識、言語、想像、数学、美術、音楽、立案などは、ほとんどすべてがここで起きている。今この文章を読んでいるのも、あなたの新皮質である。

続いて、新皮質への入力は、すべて等価であるという話がある。でも、視覚は光、聴覚は音、感触は皮膚が受ける圧力。りんごの姿、ヤギの鳴き声、野球ボールの感触、これらの異なる感覚が、なぜ等価と言えるのか?

視覚情報は、視神経の100万本の繊維によって脳に運ばれる。脳の中で古くに進化した視床を短時間で通過し、新皮質の中で最初に視覚情報が処理される機能領域、すなわちV1野(第一次視覚野)に到達する。音は、聴神経の三万本の繊維を介して入ってくる。同じく視床を経由し、視覚情報の入り口であるAI野(第一次聴覚野)にたどり着く。皮膚と体内からの感覚は、脊髄から100万本の繊維をとおって運ばれてくる。その情報を、触覚のもっとも基礎的な処理を行うS1野(第一次体性感覚野)が受け取る。感覚の情報が入ってくる機能領域は第一次感覚野と総称され、新皮質の階層では最下位に位置している。以上が脳への情報のおもな入力経路だ。人間が現実世界を理解する手段でもある。

こうした運動を、著者は電線や光ファイバーの束に例えている。そうした線は、ニューロンから伸びる軸索であり、線を介して送られる光が神経の信号であるという。それらの信号は目や耳などの様々な感覚器官から送られてくる、だけど、脳へ向かう活動電位に変わると、それらは全て等価な扱いになる。つまり単なる信号のパターンにすぎなくなる。ではなぜ、見て、聞いて、触れるという体験が、違った体験に感じられるのか?それは、それぞれが違った経路で新皮質の階層を流れていく為だという。だから実際のところ、それらの活動電位自体に種類は無い。だから等価と言える。言い換えれば、人間の脳はパターンしかわからないんだとも、著者は書いている。

知覚の等価性についての話の一例として、エリック・ヴェイエンマイヤーの話が引用されている。彼は3歳の頃に視力を失っている。彼は2003年、ある装置によって風景を見ることができたという。その装置とは、舌に電極を設置して、小型カメラに映る映像を、画素ごとに電圧に変換して刺激を与えるというもの。この装置によって彼は、床を転がってくるボールを識別したり、じゃんけんをして遊んだりしたという。

こうした新皮質の特性は、言い換えれば知覚の柔軟性も示唆している。例えば、二つの主要な感覚を失ったヘレン・ケラーは、他のほとんどより優れた著述家になったし、フェレットの聴覚野は手術によって視覚野にもなる。これは演繹すれば、世界をレーダーで知覚するようにもなりうるし、4次元で暮らすという感覚もあり得る事になってくる。またこの話は、幻覚についてとも繋がる。今手に触れているものが、本当にそこに存在していて、触角から感知されているとは限らないと言えるから。

現実世界についての認識と知識は、こうしたパターンによって形成される。だから頭の中には光も無く、音も無い。人間が認識する情報は、軸索から入ってくる空間的、時間的なパターンに限られている。

この点についても色々書かれていたけど、視覚の「時間的なパターン」については、目に入ってくる光景が絶えず変化していることに由来している。ここで、サッカードという瞳孔の運動現象の話が印象に残った。それは、1秒に3回、瞳孔が高速で動く現象。人間の目はある一点のみを見つめ続けた場合、その視点が消失してしまうため、それを防ぐ為の機能と言われているらしい(なんで視点が消失してしまうのかは、軽く調べてみたけどよく分からなかった)。つまり、こうしてPCに文字を打ち込んでいる間も、僕自身の瞳孔は常に高速移動し続けている事になるのだけど、そうした実感は全くない。なぜか?それは脳が、目に見える風景自体に同一性を生成しているからだという。

風景の同一性を生成するという話は、後に続く項の、普遍の表現というくだりにも繋がる。例えば「猫」が「猫」であるという概念(条件)の生成も、大脳新皮質で行われている。仮に色々な種類の猫が目の前に現れた時、新皮質の階層では、下位の階層ではニューロンの興奮状態になる。一方で上位の階層では、ニューロンの興奮は安定している。頻繁な変化、細かな特徴の処理を下位の階層が行い、上位の階層はその全体像を保持し続ける。

この事はまた、自分が自宅のどこかの部屋にいて、一つの方向を見ている時、同時に今自分が家にいて、そこが居間で、窓の景色を見ていることを分かっている、という事でもあるという。新皮質の上位には、自宅の表現があり、下位の領域には部屋の表現があり、さらに下位の領域では窓の景色を見ている。

こうした新皮質の階層構造の話から、まず、記憶は一つの場所に保存されるのではなく、階層全体に分散されて保存されるということ。また、私たちが「猫」を想像する時、それは新皮質の階層構造全体のシークエンスが入れ子になったもの。つまり脳の中に画像は存在しない。どちらかと言えば、点と点を結びあった星座のようなものを連想させられる。

中途半端雑記です

もともとそれほど積極的に観に出かける方でもないけど、コロナに入ってからその機会もめっきり少なくなったこの頃。そんな中、ひょんなきっかけで外で作品を鑑賞する時、あらためて鑑賞することの充実を意識するようになってる気もする。平成美術を観に行こうと思ったのはそうした背景もあるし、単にタダで観れるというのもあった。自分が過ごした時代を美術の観点から見る一つの指標として、とりあえず観ておこうという気持ちも、無かったでもない。

展示自体は結構ボリュームがあり、ここに色々と感じる事があったけど、中でも特に自分の印象に残ったのは「突然、目の前がひらけて」という作品だった。当時現役の学生だった彼女らの心情もそのまま手書きされた付箋のタイムラインや、塀越しのバレーボールの映像、カマキリのインタビューなんかはとりわけ印象に残った。この作品の背景に横たわる大きな要素の一つは、いわゆる自己と他者問題に通じていくものとも思えた。作中で、日本人と在日朝鮮人、両者の行動とその交差はなまなましく、単に社会問題というレンズだけでは映らない、例えば20代前後という世代固有のうら若さというか、良い意味でのその垢抜けてなさ、小学生ほど柔らかくは無いけど、おじさんおばさんほど硬くもない、そういうアイデンティティーの可塑性みたいなもののなかで進行していく過程に目の離せない感があった。

まっぷたつの風景 116-117貢より

 …いささか妄想めいた小咄のようになってきていて不安だが、続けるしかない。「差よりも共通点を見つけ出すこと」は、実はそれほど簡単なことではないのだ。肝心なのは、何かと何かが異なっている、あるいは同じだと思うとき、その「見かけ」ではなくて、それらにおける「世界に対して実現されていること」同士が異なっている、あるいは同じだと考えられるかどうか、なのである。この行為は、知性的なものにならざるを得ない。

 僕たちの目の前には、実にさまざまなメディウムによる、実にさまざまなメッセージが、すでに溢れるようにしてあり、また新しく生まれてもいる。そのことによって、僕たちを取り巻く意味の地平は、日々刻々と拡大および変形を続けているのだが、現代の科学技術環境において、その拡大と変形の速度は、極まりを見せている。だから現代を生きる僕たちには、それぞれのメッセージの肝心な部分、つまり「世界に対して実現されていること」だけを素早く見抜き、その大事な意味を創造的につないでいく能力が、何よりも求められることになる。実際、僕たちはそうすることで、このうごめく広大な意味の地平に、今日もなんとか足を踏み出し、歩を進めることができているはずだ。

 この歩みにおいて、メディウムの差や分野の差は、実際もうあまりたいした話題にはならない。というより、それを気にする余裕はもうあまりない、と言った方が正確かもしれない。「差よりも共通点を見つけ出すこと」とは、言い換えれば、見かけの差に囚われず、大事な意味だけを創造的にどんどん繋いでいくことであり、それはメディウムの複数形である「メディア」に親しみきった新しい世代こそが、初めて自然な態度として獲得しているところのものでもあると、僕は思う。

 振り返って二十世紀とは、総じて差を見つけ出すことに躍起になった時代だった。分類や選別の技術が、専門家を大量に生み出し、社会は細やかな領域に分化し、その結果、「写真らしくない」などといった断言も生まれてくるようになったのだ。断言するためには教養の蓄積が欠かせないという暗黙の了解が、世間にはあるため、その大きな声に周囲は威圧されてしまう。差を見つけ出す能力は、こうして排除と抑圧の力に結びつくようにもなる。旧い世代の中には、無意識にではあったろうが、その力を愉しんでいた人びとがけっこう多かったことを、僕はよく覚えている。彼らはそのくせ、電車と野生動物が並び合うことは等閑視する。肝心の「実現されている何か」同士の差と共通点を吟味することを、彼らの教養が邪魔しているからか、あるいは彼ら程度の教養では、吟味しようにも、ぜんぜん歯が立たないからか。

まっぷたつの風景 対談3 暗夜光路-写真は何をするのか?- 76,77貢より

 …だから、私はいわゆる<普通>と言われるものが何かわからなかった。<普通>という言葉に幼い頃からずっと悩んでいたし、<普通>と言われた瞬間に全部わからなくなる。幼い頃から、教育はおもに言葉でおこなわれるけれど、「そんな記号に自分のあらゆることを落とし込むことなんか絶対にできない、そんなことしたら大変だ」「言葉は敵だ」と思っていたのは、いま思えば、その<普通>問題が影響していたんだなと思います。

 その一方で、写真は目に見えるもので言葉を直接的には扱わないから、異常にこだわったのかな、と。あと、肉眼レベルで自分が見る目の前の光景と、写真に写された世界ってぜんぜん違うという発見がありました。写真の中には肉眼で見えていなかったことがたくさん写っていて、それをノイズだとすれば、それこそを意識することから、すごく遠回りだけれど、逆戻りしていくように現実世界を覚悟していきました。あと、撮影と称してカメラを持って外に出ると、必然的に人と関わるし、道を歩くし、風景を見ることになるから、頭の中だけではない「現実」に立つことになる。だから結局は、作品コンセプトがどうっていうことよりは、写真の幅広い機能性みたいなものが、私を大きく変えていったし、良くも悪くも写真に引っ張られていまがあるなと思います。

まっぷたつの風景 対談1 言葉のリアル/イメージのリアル 35頁 より

 非常に少ないもので何かを語るというのは、詩歌でもそうでしょう。散文と違って、ある種の制限の中で自由を発揮するとか、自由を感じるとか、そういった側面が写真にもあると思います。フレームの外側に世界が広がっている、それを撮れないのは残念だと思うのではなくて、これしか撮れないということを、一種の長所として扱う。これが写真家の基本的態度なのかもしれません。

 いまのことに関連してですが、僕たちの頭の中にある「思い出」というものは、持続的に流れる映像のようなものではないでしょう。たとえば、母親の面影とかを、2分とか5分とか再生するのは無理です。2秒とか、1秒とか、ほんのわずかな時間しか現れない。あの短さというのが、ひょっとしたら「思い出」の特徴なのかなと思います。誰それさんの微笑みとか、あそこの街角のあの場所とか、そういう視覚的な思い出、記憶は、ビデオの映像のようなものではなくて、写真に近いと思います。そのことがこれだけムービング・イメージの技術が発達しても、絵画とか写真が、ひとつの魅力的な方法として、まだ人びとに扱われていることの大きな理由ではないかと思っています。